文化を耕す耕文社。

We cultivate culture.

経営理念

わたしたちは文化を耕す会社です。

明治28年の創業以来、

耕文社の理念は地域文化の担い手となることでした。

地域文化という土壌を耕し、豊かな社会の基盤を整えること。

それが私たち耕文社の仕事です。

スローガン

考える、挑戦する、成長する。

お客様の成長のために考え、挑戦する。

耕文社の成長のために考え、挑戦する。

全社員の成長のために考え、挑戦する。

考え、挑戦することで私が成長する。

事業方針

耕文社の3つの事業

まずは、新たなアイデアを生み出す基盤を整備し

ビジネスの芽を育む場、それがメビウス総研です。

 

次に、そのイメージをデザインし、

グラフィックやムービー、ウェブなどで表現し、

広めていく場が、メディアラボ

 

最後に、印刷物などの形あるものに仕上げる

プリンティング・ファクトリー

 

この3つの事業を通し、耕文社は地域社会に貢献してまいります。

社長挨拶

挑戦すること。 これは耕文社のスローガンです。

無理だ。大変だ。難しい。 頭を抱えてしまうような課題でも、

今までと全く違った方法を考え、 諦めずに、粘り強く、

一歩一歩、 お客様のために、挑戦してまいります。

我々には、現状に甘んじることなく、 既成概念に敢然と立ち向かい

悩み、考え抜いて、夢を実現する熱いハートがあります。

そして、お客様のビジネスを、 お取引先企業様のビジネスを、

我々のビジネスを、 何倍にも膨らませていきたい。

そんな挑戦をすることで、ロマンを感じて仕事をしたい。

思っただけでもワクワクするような夢に向かって、

富士山の麓で光り輝く企業を目指して、 我々は、頑張ります。

代表取締役社長 長澤一成

会社概要

会社の商号
株式会社 耕文社 KOHBUNSHA CO., LTD.
創業
明治28年5月
法人設立
昭和23年7月1日 [株式会社に改組]
資本金
1,000万円
役員
取締役会長:服部哲雄 代表取締役社長:長澤一成 取締役:長澤ゆかり 執行役員:高橋邦彦(管理部) 執行役員:井澤嘉明(工場長)
事業内容
広告販促物企画制作 出版物企画制作 映像制作 IT・メディア関連事業 印刷製本業全般
製品サービス
[広告販促物]パンフレット、カタログ、PR誌、会社案内、DM、チラシ、ノベルティ、会社案内等の企画制作
[書籍・雑誌]書籍、広報誌、小冊子、業界誌、社内報、記念史誌、自費出版等の企画制作
[情報誌発行]観光情報誌「道の駅」の発行
[デジタルコンテンツ]映像撮影・編集、Webコンテンツ企画制作、電子書籍の制作
所在地
本社〒410-0001 沼津市足高292-38 Tel: 055-925-0016(代) Fax: 055-925-0020
東京支社 〒102-0074 東京都千代田区九段南3-5-4 コーブ九段3F Tel: 03-5275-3977 Fax: 03-5211-8980
建物施設
本社敷地面積:4,703平方メートル 建物面積:1,790平方メートル 鉄骨造、外壁ALC平屋建
従業員
男性24名/女性19名 計43名(社員32名/パート他11名) (2017年9月末現在)
主な仕入先
(株)光文堂、富士ゼロックス(株)、安部紙業(株)、東陽紙業(株)、太洋工業(株)、その他
取引金融機関
スルガ銀行本店 静岡銀行沼津支店 静岡中央銀行本店 沼津信用金庫本店 商工中金沼津支店
加入団体
日本商工会議所 静岡県印刷工業組合 社団法人 日本印刷技術協会 ダイレクトメール推進協議会(DMPA)

沿革

明治28年
喜多山正誼『沼津案内』を印刷し沼津町停車場通りに耕文社を創業
明治30年
『駿東豆鑑』(本文368頁)を印刷
明治40年
田中彦太郎が事業を継承
明治41年
蘭契社刊行『沼津の栞』を印刷
大正11年
若山牧水主宰の雑誌『創作』第十巻七号を印刷 その後昭和十年まで通年十三年間『創作』を印刷
大正15年
牧水主宰の詩歌総合雑誌『詩歌時代』を印刷 同年沼津市の大火で社屋を焼失これを機に活字をポイント系に改める
昭和3年
長澤茂雄が事業を継承
昭和14年
需要増大し従業員47名となる
昭和20年
戦災により大手町の工場・事務所・住宅全焼、終戦を迎う 沼津市原に於て事業再開
昭和23年
国産電機株式会社の木造建物を譲り受け沼津市市場町に移設「株式会社耕文社印刷所」に改組新組織で発足 長澤茂雄社長に就任
昭和35年
社長死去にともない長澤信義社長就任
昭和44年
木造工場を取り壊し鉄骨ブロック2階一部3階の本社工場を建設
昭和56年
沼津市大諏訪に第二工場建設 フォーム印刷部門移設
昭和60年
東京都渋谷区渋谷に東京営業所開設
平成元年
沼津工業団地に進出 本社・全工場を統合移転
平成7年
5月東京営業所を東京支社と改め渋谷から九段下に事務所を移設
平成11年
東京支社を九段下から飯田橋へ移設
平成16年
社長死去にともない長澤一成社長就任
平成22年
2月東京支社を飯田橋から九段南へ移設
平成27年
4月120周年記念式典開催

  事業内容

  会社概要

採用について

© 2017 Kohbunsha Co., Ltd. 不許複製・禁無断転載  個人情報保護方針

MENU